閉じる

marketing

Marketing

インターネットで競合に勝つ為に必要なこと

  • icon_no1

    市場調査・戦略立案

    市場調査・戦略立案

    これまで2,700社を超える企業に対してのコンサルティング、マーケティング実績があります。
    それらの取り組みの過程で蓄積された業界特性や時期による集客推移、UIの特徴などの基本データとして参照することで、前提条件をクリアします。また広告出稿比率、SNSの利用頻度やリーチ率などデジタルマーケティング関連における数字の取得や施策の企画など貴社の属する市場で確実に成果をあげていくための戦略立案を行います。目標に向かって、一つ一つのプロジェクトを形にし、成果へ繋げて行きます。

  • icon_no1

    競合優位

    an_japan

    検索エンジンが重要なコンタクトポイントであることを把握し、インターネット上では常に比較に晒されるという現状を理解することが重要です。
    そのため検索結果での優位性(上位表示)ならびにコンテンツ自体での競合優位は必須です。
    定期的なウェブサイトのチューニング、オリジナリティの高いコンテンツの追加制作などで、お客様の中でのマインドシェアを高めていくこと、そして認知度を高める為のターゲティング広告などの施策により、競合優位は実現可能となります。

訪問者分析

icon_no1

an_ab

いかに、自社のサービスや商品をお客様に見ていただけるか、そしてマインドシェア獲得のために、どのように自然に刷り込めるか!?これらを訪問者の分析を行いながら施策を通じて実現していくことが重要です。年齢や地域での訪問者データの特性から、どういったコンテンツ内容で発信するのがベストかといった内容を把握します。その他、データを参照しながら、クリック率の増加、離脱率の減少、フォーム入力率の上昇といった、個別の指標の改善も行い、常に不確定要素が高い場合などは、実態データに基づいたA/Bテストの実施もおこないます。
定番化したこうした施策も、ユーザーに対するマインドシェアを高めるという視点では非常に重要な内容となります。これらの変更を金額的価値に落とし込み、施策自体のROIの測定も実施しながら成果に拘ります。

よくあるWebサイトの課題となるポイント

  1. 現状の分析・解析が充分にできていない。
  2. 競合他社との優位性が明確になっていない。
  3. オリジナルのコンテンツが少なく模倣した内容や価値の低いものが多い。
  4. ターゲットとするユーザーに対して、サイトの内容がマッチしていない。
  5. Google,Yahoo!などの検索エンジンでの表示結果が1ページ目以降である。
  6. 導線設計がまったく考えられていない。
  7. 商品やサービスの特長・利点を伝えられていない。
  8. サービス、商品に関する情報量をはじめとするコンテンツ量が不足している。
  9. 更新頻度が低い。
  10. ユーザビリティが悪い。サイトの読み込み速度が遅すぎるなど
  11. 訪問者にとって、有益な情報が掲載されてそうで、実際には少ない。
  12. 作成されてから5年以上経過し、その間大きな改善をしてこなかったウェブサイト

HUGOは貴社のデータを資産に変えるマーケティングを実施します

FASE1
スケジュールを決め、お客様のリソースに合わせた戦略立案を行い、まずは現状把握、分析を実施します。
FASE2
クリック率、ページ遷移率など施策後の数値変動など各データを元にマーケティングおよび、コンサルティングを実施します。
FASE3
施策後のROIを測定し、その後の継続的な施策改善や、別途プランニングを実施し成果につなげます。
  • ITプロモーション
  • ITコンサルティング
  • マーケティング
  • デザイン、開発
  • SEO
  • アクセス解析

Contact

captcha

送信完了致しました。

改めて担当者よりご返答させて頂きますので、
今暫くお待ち下さいますようお願い申し上げます。

hi

中田ブログ