nakata のすべての投稿

中田大輔 社長ブログ

学んだことをできる限り形にしていく

先日のNY滞在から、早くも1ヶ月がすぎた、、、。

現地へ訪問時、お会いしてみたい企業があり、連絡をしてみたら実際にお会いして頂ける企業様が3社もありました。何か学びたい、知りたい、という欲求には、とにかく素直に従って動いてみるもんですね。

 

実際お会いしてお話してみると、さすがにそこで勝ち残っておられるだけあり、初対面の我々に話して頂ける内容でさえフワフワした感じではなく、超リアルな話ばかりで強烈な印象が残っています。

 

皆様が共通して言われていたのが、

 

「で、君は何ができんの?」

 

「で、それ予算どれくらいで考えてんの?」

 

「で、!?」

 

 

です。

 

ポイントは最後の「で、!?」ですね。

 

最初の2つは、普通のことなので、普通に返答していましたが、それでも想像とは違うステージがいくつも存在していたので、その話の流れの中で、自分たちの良さと、弱さを認識することができました。

 

最後の「で、!?」でパーソナリティが出るというか、これまでの過ごし方が出るというか、何の試練もないけど、勝手に挑戦したくなるような、、、うまい表現が見つかりませんが、時間を共有していただけたことで、感じることがたくさんありました。

 

これはこれで本当に良かったなと思います。

 

ここで終わってしまうと、全く意味がなかったことになるので、感謝する意味でもここから自分たちのチカラを発揮して、仕事にする、成果を出し、存在感を出していくことにしています。

 

これまでとは若干別分野ではありますが、現在進行中、今まさに時間を使って取り組んでおります。

 

というわけで、
やはり、気になることがあれば、何事も現地で体験するのがベストで、そこで学んだことは、できる限り形にしてしまうことだと、今の所は思っています。

 

あと、自分は結構、文章描いてる時に、今の所はとか、現時点では、、、とか書きますが、つい最近なぜそう書くのかと聞かれたので答えておきます。

 

日常的にイメージしてたことを体験して行ったり、実践していくことで認識はコロコロ変わっていくので、わかったことや、感じたことは、様々な解釈があって自分の知りえていることは、「まだきっと限定的なんだろうな」と思ってそう書いています。

 

ただ、軸というか大切にしているものは、変わりません。

 

というか変えれません。

 

この軸となる部分までを揺るがす大きな変化があれば、それはそれで良さそうですし、それを求めていたりするのが正直なところではあります。

 

GW明けしっかり成果を最大化できるように、チカラを抜いて、気分良く、緩やかに動いて参りましょう。

 

N.Y.C. hugo nakata

インターネット広告運用が本当に丸投げできるサービス

本日のリリースで自社ウェブサイトへアップされたこちらのサービス。

http://www.hugoinc.us/liaison-release/

マーケティングの戦略立案そして、プロモーションプランの設計から、成果確認、改善までを全て行ってくれるサービスです。

実働部隊として、広告主の方が狙う成果を日々の業務を通して実現します。

ビジネス好きな当社の担当者が、最初から最後までサポートさせて頂きますので、ご相談いただければと思います。

 

 

自社サイトを徹底的に解析するセミナー

大阪オフィスで勉強会(WEB活用セミナー)を開催します。

当社サイトでも告知されている内容になります。
ぜひご覧くださいませ。

3月29日(水) Webサイトの活用からコンテンツ改善と導線設計のために外せない、「自社サイト徹底解析セミナー」を開催致します。

 

ますます頑張れそうです!

いつも一緒に仕事してるスタッフに女の子の赤ちゃんが産まれた!

むちゃくちゃ可愛いですーー、メデタイ♪

このスタッフの話ですが、彼は数年前に別業界からITの世界へ。

知識を付けるパターンではなく、生き方を変えるパターンでやってきました。

僕の会社で働くつもりで、仕事の種類と特性を学ぶために当時働いていた会社が終わってから、幾つかスクールに勝手に通い、あと残り9割はプラスαの独学でITスキルを磨いていたようですw

その後約1年がかりで、うちで働くことが決まり当時の彼女も連れて、北海道から大阪へやってきた。

その後、結婚。
そこそこ変化はあったんだと思う。

そして、家族が増える。
これも変化。

もちろん、このくらいでは終わらないはずだろうから、これまで以上に人との関係を重視し、この世界に浸かりつつ、とらわれず、激しい日常を過ごして欲しいです。

僕は、幸運にもこれら全部を背負わせて頂けるポジションなので、調子にのって頑張りますー。

それにしても、めでたい!

というわけで、祝杯へ。

※FBにも掲載していた内容ですが、こっちにもあげておきます。

 

webサイトの表示速度、ページスピード とか

WEBサイトの表示速度や、ページスピードの改善についてですが、ページスピードを気にされている方は、スマホサイトの場合は、速度とサイズが重要です。
※サイトがスマホサイトとスマホページのページスピードを含め、Googleからどのように評価されているかを把握しておくと良いと思います。
↓↓↓
webサイト表示速度(ページスピード)、モバイルフレンドリーテストについてはこちらから可能です。

▼その他参考資料
mobile-page-speed-new-industry-benchmarks

###
今日は、SEOについてクライアントから質問がありましたので、ここにもさらっと考えは書いておきます。

様々意見はありますが、今日現在ですと、検索エンジンのランキングはまだ重視すべきだと考えています。

もちろん、この先で音声検索メインの状態に変わり、現在のような検索ランキング一覧ページから選択してWebページへ遷移するパターンが無くなり、音(キーワード)を発することで、それ自体がGoogleの膨大なデータベースへアクセスし、そこからダイレクトに該当するwebページを引っ張り出して来るという状態になって来ると思いますので、そのタイミングになれば、ランキングそのものが持つ意味は大きく変わって来るのだと思います。

ランキングで上位表示されていても意味がなくなる時代がそのうち来るのでしょうね。それは新たな体験であり、かなりたのしみですね。

さて、前述の検索ランキングを気にする必要があるという話ですが、現状はまだそういう次元だと思いますので、その視点で考えてみると、まだまだ以下の定番のセリフは、よく耳にすると思います。

「まずはコンテンツを・・・」

「要はコンテンツなんです・・・」

「コンテンツとして使える内容をうちのプロのライターが・・・」

確かに、間違いではないと思います。

でもそのやり方には、清濁あり過ぎると思います。本当にかなりありますね。実際色々弊害も出ていたりしますし。

ランキングにこだわるが故に、WEBサイト内で伝えるべき内容がズレてくるとかもよくある話です。

で、こうして検索エンジン対策を進めてきている企業もピンポイントで順位改善のためにできる施策の意義を出しことも難しくなり、行き着いた解決策の1つがパッケージサービスってことですね。なんか最近ネット上に出てくるリリース関連や、クライアントの皆さまの元へかかってきている営業電話の内容を聞いていると、ここ数年はそう感じています。

ただ、どれも精度の高い便利そうなものばかりだという印象です。
もちろん競合の多い市場ですね。我々は参入していませんw

パッケージサービスに行き着く流れですが
検索エンジンで上位表示させることを目的に、コンテンツを重視しましょうという所から、アクセス解析でどのページを活用していくべきか、そしてその中のどのコンテンツを強化していくべきなのか、についてまで話が及んで来るわけです。(←この流れ正しいと思います。)

で、サイトの解析を効率化していく中で、ヒートマップで実態調査や、ABテストの自動化などでより成約の確率を上げていくということも可能となるというセオリーから、全てを含めパッケージ化されたサービスが非常に沢山出てきているという感じかと思います。
※今のテクノロジーも含め、AIによって全ての作業がかなり効率化されたサービスもすでにあります。これはこれで、素敵ですね。

ただ、意外にパッケージサービスに含まれていない、というか目にする数が少なかったのが、そもそものWEBサイトを運営している環境自体(サーバーの構成など)の見直しですね。
サーバーを変えると単純に、表示速度を改善できる可能性がありますね。

もちろん、WEBサイト内の画像の圧縮や、CSSやjJavaScriptの圧縮などのチューニングは前提となりますが、サーバー自体のスペックもこれはこれで考慮すべきですので。

というわけで、表示速度の改善でセッションが増えたり減ったりもするとういう事例もオンライン上で結構目にしますし、とにかく検索ランキングに及ぼす影響もあるというのですから、ここに以前から気付いていた方々は、人知れず、一切の競争なしに多大なメリットを享受できていたのではないでしょうか?

視点は1つではないですが、多くのサイトがやっている同じ内容を量でカバーする施策よりは、プラスαで少し難しい専門的な内容を考えてみるだけで結果は変わってくるのだと思います。内容が不確実であればあるほど、試す人は少なくなりますので、うまくいった場合は、その分リターンも大きいのではないかと思います。

独り言のメモのように、ざっと書いてしまいました。。。
詳細、ご説明が必要な方はこちらから、お問い合わせ頂ければと思います。